FXは取り引きの特徴である、レバレッジやスワップポイント、ロスカット、スプレッドなどは、その仕組みがそのままリスクにつながります。

相場の変動により利益が発生する仕組みなので、変動することで損失を受けることもあるので注意が必要です。また、証拠金を担保にして最高25倍のレバレッジを掛けられますが、仮に10倍に設定すれば100万円で1000万円分の取り引きができます。

利益やスワップポイントも10倍になりますが、損失も10倍になるリスクを受け入れねばなりません。

株式の値幅制限であるストップ高やストップ安といった仕組みはないので、損失を最小限にするためにロスカットなど、自動的に行われる強制決済を設定するのが普通です。
しかし、取り引きのタイミングによってはロスカットの判断がリアルタイムとならずに、ロスカットルール以上の損失が発生する場合があります。
規制のある日本では最大25倍のレバレッジですが、規制のない海外では取扱業者によって1000倍のレバレッジを掛けられます。

以下にFX取り引きの一例を示します。


計算を簡単にするために1ドルを100円とします。



レバレッジ10倍で取り引きする場合、100万円(1万ドル)を証拠金として預託すると、1万ドルの10倍で10万ドルの取り引きが可能となります。


その後1ドルは90円になったとして計算すると、1ドルあたり90円から100円を引くとマイナス10円なので、10万ドルでは100万円の損失です。



証拠金は100万円なので差し引くと何も残りません。逆の場合はプラス100万円の利益です。

実際の取り引きでは相場の状況でロスカットをおこない、一回あたりのFX取り引きの損失額を限定する必要があります。